プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2017/05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

息がかかるほど・・・



 
 


ずいぶんまえからほしいほしいと思い続けていたクローズアップレンズ。


先日ようやく大型電気店に行く機会ができて購入してきました。

本当はマクロレンズがほしいのだけど、やっぱりお値段がかなりハルので、
しばらくはこのレンズで我慢。

10分の1の値段のレンズでは10分の1の感動しかないのでは?と思ったけど、
今の私には十分な機能(?)で楽しめました。


初日はやっぱりお散歩に持参。
いろいろなお花に顔を近づけて撮ってきましたよ。 








                

 












肉眼では気がつかない表情が、マクロほどではないにしても垣間見えて…。

チョウチョや蜘蛛の赤ちゃんも。















蜘蛛の巣についてる水滴も、よくみるとひとつひとつ世界を映しこんでいます。





クーにはいつも以上にお待たせしてしまったけど、楽しいお散歩になりました。

いいんだよねー?
ママの幸せは、クーの幸せ♪(身勝手な母)


                




                 もちろんクーちゃんを忘れたわけではありませんよ









 こちらは刈ったばかりの肉球





拡大してみると、なんかちょっとかさついてる?
これはケアが必要ですね、クーちゃん♪


大好きなものがもっともっと近くなるって、とても楽しいし嬉しいですね。
しばらく、ハマってしまいそう。  





慣れないレンズをつかった写真にお付き合いしてくださってありがとうございます。

初日の成果ではこの程度でしょうか。

お使いの方で、何かアドバイスがあればよろしくお願いします。


どの写真もクリックすると大きくご覧になれます。よかったら…。(*^_^*)





巣立ち と ねぼすけ

    雨上がりの午後 



お日さまがほんの少しの時間、顔を出してくれました。








  雨のしずくがきらきらと 葉っぱの先端にひとつずつ。









                    ふと目に入った小さな白い光。ゆっくりと動いています

              

                   それは、小さな小さな 蜘蛛の赤ちゃん。

                   1ミリほどしかない体なのに、一人立ちしたの?
                   細い細い糸も上手にあやつって下に降りていきました。










   降りたところは額紫陽花の中






蜘蛛くん見失ってしまったけど…会えてよかったね。



 あまり虫は得意じゃないけれど
 こんな風に小さな虫を見ると、ついつい応援したくなります。


 元気でね!  大きくなったら、どこか他所に行ってね!(笑)










         蜘蛛の赤ちゃんを追って、額紫陽花の裏側へやってきました

         

                  そこは別世界







  こんなところにこんなに素敵な劇場があったの?  
   妖精たちの素敵なショーが始まります。  わくわくドキドキの開演前です。





      空の楽譜   ツバメたちの歌



  電線に、こちらも巣立ったばかりのツバメたち。本当はあと5羽くらいいたのだけど、
  クーと一緒に見上げたら、あっとういうまに飛んで行ってしまいまいました。

                                       もうすぐ・・・一人立ちね?






さて、我が家のマーブル模様の妖精クーですが…。  

いまだに寒い日あり、暑い日ありでクーのベッドをどうするか迷っていました。
冬のベッドは、破壊王クーが3つ目のベッドの綿を出したところで
私の手作りベッドになりましたが、ベッド破壊も飽きたのか、何とか冬、春を越せました。

夏は軽めのマットとタオル地で作ろうかな?と思ってたのですが、
たまたまセールで安いベッドを見つけ、これならもし破壊されてもちょこっと手直しして
作り直そうと買って帰りました。


玄関から入るなり、クーちゃんすぐに自分のベッドとわかったらしく
ぴょんぴょん跳んでしっぽを振っています。

とにかくサークルから持ち出し禁止にするために片側にひもを2本縫い付けて
サークルの柵に固定します。

しばらくは「クーちゃんダメ!」を言うために待機してた私ですが、一体どうしたことか?!






クーちゃん、薄手のマットをカリカリして自分の好みの形にしたと思うやそのまま静かに
眠ってしまいました。
昼間はトイレをする時しか、断固としてサークルに入らないクーなのに。

新しいベッドとっても気に入ったようで2時間ほどお昼寝したクーなのでした。

       「そんなに寝てると夜寝られなくなるよ?」 










   夕方ようやく起きてきました。         なんとなくトロンとしたお顔のクーちゃんなのでした。


至福の時





どんなに疲れていても、クーの瞳を見ると元気がでます。 



夕方お散歩に出るときは、今日はあまり歩けないかも…と思って出ても
いつの間にか、遠くまで来ています。

最近「ツケ」の訓練が曖昧になって、クーがぐいぐい引っ張りながら前を
歩いてしまうことが多いのですが、いい感じにひっぱられて歩きます。
クーもそこそこ疲れてくると、横にきて歩き、私の顔をしばしば覗き込みながら
「ママ、もっと行っていいの?まだ歩ける?」と聞かれているようです。
その表情がたまらなくかわいいです。(笑)








緑豊かな季節となり、行く場所、場所に、花があふれています。
我が家のアジサイも大分色づいてきましたが、今日は散歩中に出会った花を。












夕暮れの光を受けた花たち、どの花もみな物語を語ってくれるような…。
静かにクーと歩き、時折カメラを向けて花を撮る。
心穏やかに過ごせる一番好きな時間です。





       











蓮池にはまるい葉が広がりました。
よく見るとピンクの蕾が。

日が暮れる時間、閉じてしまったのかしら?
朝に来たら会えますか?












梅の実が、枝に残って熟しています。
風に揺れる若葉と何を話しているの?








クーもずいぶん慣れたようで、私がカメラを構えてるときはリードを引っ張らずに
待ってくれるようになりました。
時々前からだれか来ると引っ張られることもありますが。。



                 















実は数日前から、子供のいない昼間の数時間、バイトを始めました。

バイトとはいえ、外で働くということをもう10数年やっていなかったので
仕事というものの厳しさを痛感します。

辛いのは、クーと離れ離れになること。
今までべったりくっついて生活してた私たちはまだ、分離不安になりますが
少しずつ慣れてくるでしょうね。

出かける時渡す定番のおもちゃ(?)のひとつ。
空の牛乳パックにカットした豚耳をいれて。





その気になれば3分でボロボロに破り、豚耳を取り出せるクーですが、
私が帰ってくるまでこんな風に番をしています。









慣れない生活で、少々疲れがたまっています。^^;
なかなか皆さんのところに遊びに行っても読み逃げしたりしています。
ごめんなさい。
皆さんのとこのかわいい子たちに癒されてますよ〜。

もう少ししたら自分のペースができてくると思いますので、忘れないでね。(*^_^*)






夜、ご飯も、お散歩も、その他の日課もすべて終わり毛布の上でくつろぐクーです。

普段は足をまっすぐ伸ばして寝てることが多いのですが、この日は180度真横に。

                



                   私のX脚に似てるかも!(笑)