プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

夜桜 


暖かい日が続き、こちらでもようやく桜の花が咲き始めました。

最近夜桜を撮りに行きたくて仕方がなかった私は、一人では怖いので
主人を誘って(無理やり)家から車で15分ほどのところにある柏の葉公園へ行ってきました。
ちょっと風邪気味だった子供たちとクーはお留守番です。

主人は写真は撮りませんが、仕事柄なのかなんなのか(笑)カメラのことは私より詳しい。。。
…なので慣れない夜の撮影に、いろいろアドバイスをもらいながら撮りました。





入口付近のガス灯です。  BGMは、「リリー・マルレーン」を口笛で…。





ボート乗り場  いつもはボートでにぎわう池の周りも真っ暗です。




ようやく見えてきました桜の木。




ここの公園は、たくさんの種類の桜の木がぐるっと植え込まれていますが、
まだこれから咲くものばかり。
早咲きの木が数本、ライトアップされていました。






これでもう終わりかな?そう思って歩いていると遠くに満開の桜並木!! わーーい!




若者が数人だけ宴会をしていました。
これは穴場すぎる!


          暗黒の夜空をバックに美しく輝く夜桜を堪能してきました。


         





     しかし、難しいですね、夜の撮影。

     シャッターの下りるあいだの数十秒、息を止めて妙な恰好で止まってる私。
      (私が動いた風圧で三脚が揺れないように…笑)


               だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ!

              …と、  どこかで聞こえたような気がしました。
 






もしも気になった写真がありましたら、画像クリックしてくださいね。大きくご覧になれます。(*^_^*)



 〈おまけ〉

先日いった公園で出会った2匹のかわいいダックスちゃん&クー。



左は少し小さめ「ホクちゃん」。 とても駿足の男の子。
真中は「ヒットちゃん」は、すごくおとなしいモコモコの毛の男の子。大きさは中ぐらい。

そしてご存じ巨大犬「クイール」は右側!



避暑地の出来事+++「犬の涙」

都内では、もう桜が満開とか。
それほど離れていない私の町の桜は、早い場所では昨日から開き始めましたが、
クーの散歩に行く公園の桜のつぼみはまだ固いです。



 


今日は少し昔話を…。






もう17〜8年ほど前のことになるでしょうか。
私がそのころ勤めていたのは出版社の下請け会社。
閉め切り間近は毎晩終電で帰り、部屋に帰ると熱帯魚の水槽の前でボーとして、
あとは眠るだけだったあのころ。

仕事が一段落した初冬の週末に、年下の同僚と、とある避暑地のプチホテルに
フラッと出かけました。

おいしいフランス料理と、手作りキャンドルの宿。
周りはぐるっと森、そしてオーナーの育てる野菜畑。
ピーターラビットが時々横切るようなメルヘンな世界。
若い女の子だった私たち(私はそろそろトウがたってたけど)には最高に癒される空間でした。

私たちがホテルにつくと一匹のラブラドールが出迎えてくれました。
つやつやの黒い毛並み。輝く瞳。
人懐っこく一緒にボール投げをして遊んだり、そばに寄り添ってくれて
私はすっかり大型犬の魅力にとりつかれました。

ゆっくりとワインなど飲んで語り合った夜。
朝はすっきりと目覚めました。

朝もやの中、散歩に出かけた私たちは、ホテルに戻ると大変な光景を目にしました。
昨日あんなに元気だったラブラドールが口から泡を吹いて痙攣している。
いったい何があったのか。。。。

オーナーに聞くと、昨夜は外に出ないように囲いの中に入れておいたのだけど
簡単に出てしまったとのこと。
そして一人散歩の途中、たぶん「悪いもの」を食べてしまったのだと。

それは野犬狩りのための毒入りの団子でした。


バブル時代だったでしょうか?
別荘族も増え、どんどん新しく人が入ってきていました。
そこで番犬として、また散歩のお伴として、大きな犬を飼う人が増えたそうです。

スタイルの良い、格好のいい犬たち。
オーナーたちは自慢しあい、それなりに夏の間その犬たちも可愛がられたのでしょう。
しかし、夏が終わると彼らは捨てられた。

オーナーたちは避暑地を去る。
都会で犬を飼う環境を作ることができずに、そこに置き去りにする。
今まで人を信じ、愛されていると感じていた犬たちは、冷たい風の吹く避暑地の街をさまよい
主人に似た人に出会うと喜んで飛びついていった。
お腹を空かせて食べ物のにおいのする場所に入り込んでいった。
それは飼い主でなければきっと、恐怖の対象でしかなかったでしょう。

そしてこの事故が起きました。

野犬の数の多さと大型犬の扱いに困った行政が、野犬の皆殺しを計画したのです。
飼い犬は離さないようにとのお達しはあったそうですが、事故は起きました。
毒団子を誤って、信じて、食べてしまった、犬たち。

ほんの少しだけ食べて毒と気づいたのか、その場で命を落とすことはなく、
なんとか家まで辿り着いたものの、その様子はもう…。

どうか病院での処置で命を取り留めてほしいと祈りましたが、その後帰宅した私たちは
その子がその後どうなったのか、聞くことはできませんでした。
もちろんそのラブラドールだけが助かればいいというものではありません。
きっとさまよい歩いていたお腹を空かせた野犬たちもみな、同じ運命になったことだと思います。




罪のない犬たちをアクセサリーのように扱う、身勝手な人間たち。
その結末がこれでした。
死んでいった犬たちは、最後まで主人のことを信じていたでしょう。
食べ物をくれた人間を感謝の瞳で見つめたでしょう。
そして苦しみが彼らを襲った時、彼らは何を思ったのでしょうか。






「犬の涙」


あなたと初めて会った日の事
優しく抱きしめてくれた時の暖かい温もりは
決して忘れません。

時には、いたずらもしてあなたを困らせたかも。
でも、あなたに名前を呼んでもらう事、あなたの笑顔を
見ることが何よりも幸せでした。

今は、寂しい目をした仲間達と冷たい部屋で暮らしています。

どうして、あなたの側にいられなくなったの?
良い子にしてたら、あなたは、迎えに来てくれるの?

ここは・・・何処?

怖いよ・・・

今日もまた、たくさんの仲間がどこかに連れて行かれました。

遠くの方で・・・
死にたくない!何故?
と言う苦しい声が聞こえてきます。

ほんの一部の仲間は、優しい誰かと、ここを去っていきます。
もう二度とここに戻ってくる事がなければよいのだけれど・・・
あなたに迎えに来て貰えるのが1番嬉しいけど、私にも優しい
誰かが来てくれるかな?

今度は、いたずらをしないでおきます。
だから、今度はずっと側にいさせてください。

この世に生を受けた意味はなんだったのか?

命が尽きるその日には、幸せだった・・・
と思いながら旅立ちたい。

お願いです。優しい温もりの中で、旅立たせてください。





          




これはまだ、私は見ていないのですが、「犬と私の10の約束」
という映画のパンフレットにのっていた詩とか・・・。

お友達の鷺草ちゃのところに掲載されたこの詩は、私の中でいつの間にか封印していた
あの悲しい記憶をよみがえらせました。

今、クーと出会い、一緒に暮らせる幸運に喜びを抑えきれない私ですが、
クーの命は、自分とおなじ命の重さであると考えています。
クーはたまたま犬に生まれ、私は人間として生きてきた、ただそれだけのこと。



愛犬と共に過ごすとき、ものを言えない彼らをどうか粗末に扱ってほしくないのです。
こちらにいらっしゃる皆さんはそんな方は一人もいないことを私は知っていますが、
あの日たぶん死んでいった多くの命へ、
そして私たちが知らないところで悲しい死を遂げたたくさんの命への鎮魂歌として
ここに掲載させていただきました。


もしあなたもこの詩に何か感じることがあったなら、
どうぞブログに取り上げてください。



            




                        









いちご狩り

今日は朝一番で、娘と二人、いちご狩りに行ってきました。
まえからずっと行きたいといていた娘。昨夜から大騒ぎです。
お兄ちゃんは、いちごが嫌いなのでお留守番です



                         いちごの髪飾りで準備万端!

                        



どこに行こうかなーと前から迷ってたんですが、
先日お知り合いになった「ぼちぼちライフ」yupicoさんのブログに紹介されていた
深井農園さんに行ってきました。

大人1500円、子供1000円。
(会員価格で100円引き。来年、年賀状でお知らせが届きます)
yupicoさんのところで、あんまり美味しそうだったんで決めてしまいました♪
  yupicoさん ありがとう。(*^_^*)







真っ赤なイチゴたち。とっても柔らかくてジューシーです。




今日食べられたのは、「紅ほっぺ」と「あきひめ」。
残念ながら「とちおとめ」はロープが張ってあり、入れませんでした。
でも「紅ほっぺ」おいしかった!




               蜂さんもせっせせっせと働いています。可愛い〜♪





             青いいちごちゃんも、太陽の光を受けて赤くなーれ♪



  @ 小粒の苺ですが思ったほど食べられなくて・・・。朝ごはんは抜いていくべきでした。




さー!いちご好きがここにもうひとり!



クーちゃん、いちごだよ〜。    ナサケナイ顔。同情を引いています。。



                 マテ! 



         ヨシっ!             ふがっーー!
 





                        うまうま



                         


                    


                    お土産にワンパック買って帰りましたが、
                    主人と娘でペロッと。
                    娘!まだ食べるのか!?!って感じでした。