プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

みんなみんな頑張っている

車で少しだけ遠出してクーと散歩に行く場所があります。
ローカルで小さな公園の周りの遊歩道と、広い田んぼにあぜ道と、小さな沼と。
たくさんのワンちゃん達のさんぽみちになっているのどかな場所。

ここを見つけたのは真冬。
沼の水は濁ったまま凍っていて、そこに枯れた茎が突き刺さっていました。





先日久しぶりに行ってみたらもう氷は溶けていました。
なんとなく70年代風のサイケデリックな模様に見えなくもない。
カーテンにしたら面白いかも…なんて。

自然の中にいると、母でもなく、妻でもなく、もともとの私の魂が、
私だけの美意識と欲望が、ちょっと切ない気分で浮き上がってきます。




ここは蓮の沼でした。







沼のふちに行ってみると、枯れた蓮の実が泥水の中に横たわって、
どうしてだか戦場をイメージしてしまいました。
ディアハンターとかね。
本当にグロテスクで、とてもカラーで載せることはできませんでした。

だけどこれも自然の営み。
この下には新しい命が宿っていて、もう少ししたら艶々した丸い葉と
天国をイメージさせる美しい花を咲かせるんでしょうね。
そのことを楽しみにしながら、でもこの光景も忘れないようにしようと思いました。









きっとだれでも長いこと暗いトンネルから這い出せなかったり、
自分の気持ちに素直に向き合えなくていつの間にか歯を食いしばり
重くなった頭を垂れてしまったことがあるでしょう。

辛いこと、悲しいことがあるとどうしても前を向けなくて
足元を見てしまう。



       少しだけ元気が出てくると、今度はもっと元気になりたくて、空を仰ぐ。


       



       そこにはきっと心の傷をそっと埋めてくれる何かが待っているから。
 






クーを連れて歩いていると、別に凹んでいなくても足元を見る機会が増えます。
可愛い春がやってきました。




    オオイヌノフグリ : 地上に咲く星たち(by 鷺草ちゃん)



    

      ペンペン草も、まだ細くてよわよわしいけれど、風に吹かれて嬉しそう


        

          天使のラッパ、水仙も…。春のメロディーを奏でます。




     誰かが植えたのかしら?あぜ道に突然ゴージャスなカラーのクロッカス。
     あたりをパッと照らしていました。





  クーは相変わらず。
  すごく走り回ったりもするけど、時々こうして一休み。


   

             さークー、行くよ。歩けるかい?



   これからの季節、どんどんお散歩が楽しくなりそうですね。(*^_^*)
   皆さんの町の足元には、どんな春がうまれていますか?