プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

巣立ち と ねぼすけ

    雨上がりの午後 



お日さまがほんの少しの時間、顔を出してくれました。








  雨のしずくがきらきらと 葉っぱの先端にひとつずつ。









                    ふと目に入った小さな白い光。ゆっくりと動いています

              

                   それは、小さな小さな 蜘蛛の赤ちゃん。

                   1ミリほどしかない体なのに、一人立ちしたの?
                   細い細い糸も上手にあやつって下に降りていきました。










   降りたところは額紫陽花の中






蜘蛛くん見失ってしまったけど…会えてよかったね。



 あまり虫は得意じゃないけれど
 こんな風に小さな虫を見ると、ついつい応援したくなります。


 元気でね!  大きくなったら、どこか他所に行ってね!(笑)










         蜘蛛の赤ちゃんを追って、額紫陽花の裏側へやってきました

         

                  そこは別世界







  こんなところにこんなに素敵な劇場があったの?  
   妖精たちの素敵なショーが始まります。  わくわくドキドキの開演前です。





      空の楽譜   ツバメたちの歌



  電線に、こちらも巣立ったばかりのツバメたち。本当はあと5羽くらいいたのだけど、
  クーと一緒に見上げたら、あっとういうまに飛んで行ってしまいまいました。

                                       もうすぐ・・・一人立ちね?






さて、我が家のマーブル模様の妖精クーですが…。  

いまだに寒い日あり、暑い日ありでクーのベッドをどうするか迷っていました。
冬のベッドは、破壊王クーが3つ目のベッドの綿を出したところで
私の手作りベッドになりましたが、ベッド破壊も飽きたのか、何とか冬、春を越せました。

夏は軽めのマットとタオル地で作ろうかな?と思ってたのですが、
たまたまセールで安いベッドを見つけ、これならもし破壊されてもちょこっと手直しして
作り直そうと買って帰りました。


玄関から入るなり、クーちゃんすぐに自分のベッドとわかったらしく
ぴょんぴょん跳んでしっぽを振っています。

とにかくサークルから持ち出し禁止にするために片側にひもを2本縫い付けて
サークルの柵に固定します。

しばらくは「クーちゃんダメ!」を言うために待機してた私ですが、一体どうしたことか?!






クーちゃん、薄手のマットをカリカリして自分の好みの形にしたと思うやそのまま静かに
眠ってしまいました。
昼間はトイレをする時しか、断固としてサークルに入らないクーなのに。

新しいベッドとっても気に入ったようで2時間ほどお昼寝したクーなのでした。

       「そんなに寝てると夜寝られなくなるよ?」 










   夕方ようやく起きてきました。         なんとなくトロンとしたお顔のクーちゃんなのでした。