プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

空のイリュージョン



暑い日の夕方、庭に水を撒こうと出ていってみると
空が、雲が何本もの畝になって続いていました。 





えーっとえーっと、この雲が出た時は…


たしか、すごいことになる!!!!
 



あわてて家に入りカメラをつかむと近所の小川の橋の上まで走りました。


マジックアワーが始まっています。 









         



           娘も魔法色にそまった住宅街の中で
           「時をかける少女」になりかけていました。














   青味ががっていた空は、瞬きするたびに輝きを増し、
     あたりは金色に染まりました。












                川面も柔らかく 滑らかに流れます。

             


                鮮やかに、そして七色に変わってゆきました。













        もういちど空を見上げればもう…





     空と雲と太陽のイリュージョンです。
       息をのむほどの美しさでした。







      

         このまま時間を止まらせてしまいたい、そう思うけど…。





           美しいもの、喜び、幸せ、
        愛するもの…どんなものもきっと姿を変えていってしまう             
                      
              なくなってしまう。。




              だけど、悲しまないで。


            物語は永遠に続いているのだから。
                きっとまた会える。


 
         新しい出会いも、心を打つ出来事も、流れる水のように、
                漂う小さな葉と魚のように。








 背後から闇は迫り、夜の帳が下りてきます。

  何気ない日常、普段と変わりなく過ぎていく時間の中で、
  突然贈られた素敵なプレゼントでした。








         大自然の中に旅をしたような大きな気持ちで家に戻り、
         夢心地で夕飯の用意などをし、だんだんと現実に戻ってくれば…





              




                     ご飯を食べるクーちゃん、おもしろすぎ。


                      ちょっとー、その格好はどうなのよ?













      〈殆どの写真はクリックすると大きくなります。よろしければ。。。〉





朝の空気

予想以上の猛暑とともに、夏休みがやってきました。
子どもたちは毎日プール!と思いきや、学校のプールの濾過装置が壊れ、
しばらくはおあずけで可哀想。
だけどクーは、毎日「大好きなお兄ちゃん」や、「子分のお姉ちゃん」がいるので
嬉しそうです。

今朝は、「近くの公園でラジオ体操があるかも?」という
娘のあまり信憑性のない情報につきあって、6時半から公園に行ってみました。

案の定、誰も来ていない。。。。
  
(後できいたら、半分冗談でお友達のお母さんが言っていたそうです)


せっかく早起きして着替えて出たし、クーを連れて念願の早朝散歩に変更しました。

朝の澄んだ空気。

車の量も少なくとても静かな朝です。






いつもは会わないワンちゃんと、お互い緊張しながらのすれ違い。
朝お散歩するワンちゃんはお行儀のよい子が多いのかな?
誰も吠えたりしませんでした。
























グラジオラスの花を撮ろうと近づいて見ると…おや?誰かいます?ドキドキ。




          

            これはこれは!蜂さんでしたか!びっくりしたなあもう!!















秘密の通路が見つかりそうな、緑のカーテンのドーム
下にある謎の看板はもう何が書かれていたかわからないほど色あせていました。
今の勇気をもったまま、子供のころの私に戻って探検したらトトロに会えるかな?







         そんなことを想像しながら歩いていると



     4m近い大木のひまわりでした。

        幹の下の太いところは直径10センチほど。

           葉っぱの大きさも80センチほどあったでしょうか?



          




              とりあえずクーとひまわりを入れてみる。






 

    あらーこれじゃあ遠すぎて、隕石落下の瞬間だわ。(^^;)









            



                大好きなお兄ちゃんとツーショット


               お兄ちゃんの手の太さとあまり変わらないクーの前足!






のんびり1時間近く散歩していたら、だんだん蒸し暑くなってきました。
クーもいつも以上にバテバテで、尻尾もだらーーん。



 
      ♪お〜でか〜けで〜すかぁ〜?

     (わかる人は正直に。わからない人はスルーで…)






  さあ、おうちに帰って朝ごはんだね。

  朝のお散歩とっても気持がよかったね。
   
  また行けるといいね、クーちゃん。(私が頑張れば行けるんだけど…)






    その日の午前中のクーは…








                 



                    クーちゃん、満足そうにお昼寝を楽しんでいました。







そろそろ復活




先日、伯母が亡くなりました。


    大切な大切な人でした。
    本当に素敵な人でした。


                            



子供のころからのたくさんの思い出
どの光景にも、キラキラした瞳でやさしく微笑む伯母の顔があります
とても可愛い人でした。

大人になり、しばらく疎遠になっていた私をまた暖かく迎えてくれた伯母。

久しぶりに会ってなんて言おうとグルグルと考えていた私。
会ったとたんに涙がこぼれ、何も言えなかった。
伯母も同じように目を潤ませて迎えてくれたっけ。









それからは時々遊びに行きました。
いつでもありのままで、前に立つことができました。

伯母には、言葉はいりませんでした。

目の奥で「全てわかってるのよ」と言ってくれていました。

どんな苦しみも、悲しみも。

喜びの大きさも、その意味も。


だから私は頑張ってこられたのです。







私が与えられていた幸せを
どれだけ伯母に返せたかと思うと、きっとそれはほんのわずかだったでしょう。

それでも伯母はいつも笑ってくれて、包み込んでくれていました。
私の安らかな場所、日だまり。







形のあるものは、いつかはその姿をなくします。
はじめから形のないものは、変わらないのでしょうか?


やはりすべてのことは変化するのでしょうね。



伯母が亡くなり、一時、私の心は粉々に砕けたけれど、
心の奥で微笑む光は、やさしくそれを煌めかせ、再生させてくれました。
伯母の光は前よりももっと大きくなり、包み込んでくれていると感じます。

私も誰かにとって、伯母のような存在になりたいと思います。
もうそろそろ本当に、守られる立場ではなく守る側になるのだと。





  (父の友人で陶芸家の、神成 澪さんのレリーフ作品 我が家の庭にあります)





あの人の姪として同じ時間を過ごせたことを本当に幸せだったと感じます。

私がいつかそちらに行くときは、きっとまたあの優しい光で迎えてくれますね?




   さよならおばちゃん 本当に大好きです。









しばらくお休みしていたブログですが、また復活します。
皆さんのところにも読み逃げしたりでコメント残せずすみませんでした。
これから少しずつまた皆さんのところへも遊びに行きます。
またよろしくお願いしますね。


クーは元気です。


クーの存在は本当に助かりました。
いつもなぐさめてくれて、笑わせてくれて。。。


みなさんに褒められたので調子に乗って、夏の間はスムース犬として
やっていくことになりました。(笑)

新しいクー専用のバリカンも買いました。

前のカットがだいぶ雑だったので、今日また刈り直しました。
すっきりしたねえ、クーちゃん。












   クーちゃん、座高たかっ!







パパと大暴れしたあと。
なんか鼻についてるよ?クーちゃん。





ま、いっか。






            お休み、いい夢を。