プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

クリスマスの夜に


ある日、もうすぐこの世に生れ出ようとしている少年に、神様が言いました。





きみが背負おうとしているこの人生は、短いものだよ。
大人になることもなく、たくさんの出会いも、経験もなく、終わってしまうのだ。
もっと違う生命もあるのだが、どうするかな?







少年はいいました。

わたしの両親になる人たちは、とても素晴らしい人たちです。
私は彼らの子供に生まれたいのです。
会いたくてたまらないのです。
短くてもきっと素晴らしい人生でしょう。







神様はやさしく言いました。

しかし君がまたこちらに戻るとなれば、その両親の悲しみたるや大変なものに違いないのだぞ。





少年は言いました。

そうかもしれません。
だからこそぼくが行くのです。
いつか悲しみが消えるように、二人のそばにいる間、僕は二人に精一杯の愛を贈ります。

それに私はここにいて、空から二人を守ってさしあげることができますから。







しばらくして少年はその両親のもとへ生まれました。







二人の愛に育まれ、少年は幸せな時間を過ごしました。
両親も幸福でした。






しかし約束の日がやってきました。




少年は6歳のある日、トラックにはねられて亡くなりました。



両親は嘆き悲しみました。
たくさんのことを後悔しました。
自分たちを責め、少年の無念さを思って泣きました。







でも少年は違ったのです。
神様のところに約束通り戻って行っただけだったのでした。





神様は言いました。

少年よ、どんな人生だったかね?


はい、思ったよりもずっと長く生きた気がします。
本当に素晴らしい人生でした。
私はここに戻ってきましたが、ずっとずっと忘れないでしょう。
これからもお父さんとお母さんのことを愛し続けます。







それから少年は、神様に楽しかったことをひとつひとつ話し始めました。
少年と神様が、笑ったりうなずいたりするたびに、夜空で星が瞬きました。




 

           星の輝きは、降りそそぐ愛のメッセージなのです。
  












     先月、知人のお葬式で聞いた話をもとに、クリスマスに童話を作りました。

       今のあなたに…心のままに、何かを感じて頂けたらと。











私のブログ更新は、たぶん今年はこれが最後になります。
本当はお友達の鷺草ちゃんから、ちょっと面白いバトンを受けとっているのですが、
それは年明けにやらせてもらおうと思っています。

よかったらみなさんもお付き合いくださいませ。





    今年も1年間、お付き合いありがとうございました。

       皆様良い年をお迎えくださいませ。












     ≪本日のおまけ≫






    「僕はいつだって前を向いて生きる男」  by クイール











                             ≪おまけのおまけ≫




                   

                        クリスマスプレゼントはくまちゃん?でした。








贈り物

復活すると言いつつ、なかなか前のペースには戻れなくてごめんなさい。

皆さんお元気でしょうか?

日が昇るのが遅くなり、朝階下にりて来てカーテンを開けるべきか悩みます。
それでも朝食の支度などしていると朝日が輝き始めます。

数日前、ごみを出しに出てみるといつもの景色がなんだか白い。

え?雪が降ったの?と思いましたがその正体は「霜」でした。






















































山茶花の垣根。散りそうな花びらも凍りついて。

写真を撮ったときは気がつかなかったのですが、よくみると花びらの陰に一匹の蚊が凍りついていました。

おひさまの力で息を吹き返すのでしょうか?















さて、その日の午後、お友達の鷺草ちゃんからプレゼントが届きました。
鷺草ちゃんのブログ「mooncafe・・・★ ティータイムをご一緒に・・・」の3周年企画プレゼントに当選したのです。
昔からくじ運のない私、全く期待していなかったところに当選のお知らせが来て、とってもびっくりしました。


可愛いクリスマスの紙袋をそっと開けると中からそれはそれは素敵な香り。
美しく、手の掛けられた手作りの品々や、シーン別に効用が書いてあるハーブティーなどが
次々と出てきました。










卵のからを利用して作られたエッグポプリには、薄いオーガンジーの布越しに私の大好きな
ラベンダーのポプリが見えています。
                    とてもいい香り。





白いバラは和紙でひとつづ丁寧に作られたもの?
お花の好きな鷺草ちゃんならではの、愛情味あふれる柔らかな曲線。








白いバラのキャンドル。
花嫁のブーケのよう。

火はつけられません、もったいなくて。
これはキャンドルですが、その前に蝋細工の芸術品ですね。


小さな松ぼっくりにもきれいなクリスマスカラーのリボン。
和麩のラスクは珍しく、それにとても素朴で懐かしい味がしました。







薄い小さな布の巾着も、鷺草ちゃんの手作りなのでしょうね。
薔薇の刺繍はそれはもう美しく…。








プレゼントには鷺草ちゃんの愛娘のカリンちゃんとシオンちゃんの写真のほか、私が気に入っていた写真をプリントして添えられていました。


本当に心のこもったプレゼントで、胸が暖かいものでいっぱいになりました。
 





私が子供のころから愛してやまない物語、「大草原の小さな家」シリーズ があります。

みなさんもご存じでしょうか?
NHKのテレビドラマとしても放送された物語ですが、古き良き時代の暖かな家族と友人たちの物語。

原作は主人公の少女ローラが子供のころから母になるまでの物語ですが、その中には今の時代にはないゆったりとした時間の流れや
たくさんの母から娘へ、父から息子へと受け継がれていく生活の知恵や工夫なども盛り込まれていて、便利なだけがいいものではないと気づかされます。

本の中で何度も訪れるクリスマスのエピソードが好きでした。
同じ屋根の下、小さな家の隅々で、家族それぞれに向けて気がつかれぬように手作りのプレゼントが仕上げられていきます。
ひと刺しひと刺しに心をこめられた縫物の数々。
小さな娘の時から一つつ教えられてきた技は、機械で仕上げられたものとは全く違う温かさを持っていたのでしょうね。

鷺草ちゃんの作ったのを眺めながらそこに流れていた時間やぬくもりを感じました。

贈るっていいですね。
私も誰かに何かを贈るとき、もっともっと丁寧に、相手のことを思って贈りたいと思いました。


もうすぐクリスマスですね。
みなさんは大事な人に何を贈られますか?
 





あ、クーの写真がない!!!


すいません、さいきんあまり写真を撮っていなくて…。
ということで、相変わらずお行儀の悪いクーちゃんの写真で〆させていただきます。(*^_^*) 

          














※写真はクリックで大きくなります。よかったら。






 

国営武蔵丘陵森林公園

 先一昨日の晩、木星と金星、そして細い月。
3つの星のランデブーご覧になりましたか?

日が暮れた直後はこんな感じの配置でした。(ちょっとボケてます。^^;)
少し照れながら微笑んでるような可愛い星たちでした。

















 

さて、先週末、久しぶりに埼玉県にある「国営武蔵丘陵森林公園」に行ってきました。
若いころ、都会に住んでいた私は、週末になると緑を求め近隣の山に登ったりしていましたが、
あまり時間がないときはこの公園を散策したものでした。
いついっても四季の移り変わりが美しい、とても素敵な公園です。





今はこんな感じ。紅葉が美しく、たくさんの人が紅葉狩りを楽しんでいましたよ。














   











ここに来たもう一つの訳は、クーちゃんをドッグランに投入するため。(笑)
最近お散歩中に出会ったワンちゃんに吠えてしまうことが度々あり、
これではいけないと社会勉強にやってきました。

そのためまずは、大型犬エリア(小さい子から大きな子までok)へ!

入ったとたんに、ボルゾイやゴールデン、スタンダードプードルなどが
クーの横を走り抜けていきます。






                     風のように走るクー。


 いえ、そっと逃げ出した私たちを追いかけて必死で逃げてくるクーちゃんでした。



 




 結局クーは身動きも取れず、自分のカートとお姉ちゃんの間にうずくまっていました。


そんな風にちょっと怖い経験をした後は、小型犬エリアへ。



今度は余裕のクーちゃん。。。でもないか。










            わかりました。
          クーはリードをつけてるときは強気になるのです。
          リードを解かれると、腰ぬけ状態ですね。。。。(笑)






     


   せっかくたくさんいるおともだちと遊びもせず、お兄ちゃんとアジリティーごっこ。




           ほら!お友達も見てるよクーちゃん!

          

              

 

                 そんなのオッパっぴー(古っ)






 

  日が暮れるまで遊びました。
  







 いつもは4時半か五時には閉園になってしまう公園。
 でもこの季節は「紅葉見(もみじみ)ナイト」というイベントのため夜8時まで開園しています。

 紅葉をライトアップしたり、中央広場では大きな木々もイルミネーションでお化粧。
 素敵な夜のお祭りです。
















  (この写真は娘が撮りました(*^_^*)



        



             詳しくはこちら「紅葉見(もみじみ)ナイト」 ←クリック





 足もとが暗く、混みあいますのでワンちゃんは抱っこしたほうがいいです。
 クーはずっとカートの中でした。^^

 今週末までの開催です。
 お近くの方、良かったら見に行かれては?
 駐車場は中央口が便利です。
 (遅くに行くと入れませんのでご注意を…)