プロフィール
pineapple           (パイン)
  • 作者:pineapple           (パイン)
  • 二人の子供と一人の夫とチビデカワンコの掛け持ちマネージャー。
    日常で出会った美しい瞬間を写真に収めたいと思っています

    愛犬クイールは、ミニチュアダックスとは名ばかりの巨大な小型犬!
    (ふつうのダックスちゃんはクーの腰くらいまでの大きさですから)


    日々の暮らしの中で出会った小さな幸せを綴ります。
    お気軽にコメントくださればうれしいです。
  • RSS
  • 管理者ページ
*script by KT*
« | 2008/07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
トラックバック
DTIブログ!

Search

ぼく 生まれ変わったかも?

しばらく更新できずにいましたが、少しずつ本格的な夏が始まりましたね。
最近では昼間の暑い時間、エアコンをつける日もありますが、
やはり初めての夏を過ごすクーにとって、なかなか辛そうです。

そこで、思い切ってサマーカットしてしまいました。
バリカンで、耳周辺と尻尾をのぞいて丸坊主です!!!






    ちょっとハズカシイですが、公開します!(*^_^*)








     それではクーちゃん、どうぞー!  













どうですか?
大きくなってから分からなくなっていたダップル模様が顔を出しました。

(実は結構気に入ってます。毛があまり抜けなくなったし洗ってもすぐ乾くし、
足が少し長く見えます。(笑)  夏の間はこの線で行こうかと思いました)


ちょっと若がえりましたか?
子犬ちゃんみたいでしょ?


でもね、ここだけの話、クーちゃんとうとう8キロの大台です。
かなりダイエット頑張ってたのに、ちょっと油断したかも。。。
ここのところ、果物結構あげちゃってたし…。

数日前に病院で計ったときはショックでした。
だって普通のダックスちゃんの2倍近くの大きさです。


先生は「太ってはいないけど、太らせないでね」だそうです。

「やっぱり大きいねえ〜!」です。


わかってます!(>_<)

中型犬ですよね?もう。


なんでここまで大きくなったんだろう?
何か使命があるのかしら?!!

・・・・・・・・・・・・・・うーーーーーーん・・・・



気を取り直しまして。。。


つい数日前まで、我が家に姉(−あーちゃん)が滞在していました。

クーは大喜び!
毎日時間を見つけては遊んでもらっていましたよ。


すごくうれしいくせに、ちょっと気取って気のないふりをしたり、
クーなりの駆け引きがあって面白かったです。


その時撮った写真を…








振り回しているのは私の着られなくなったカットソーのそで部分。
壊れたおもちゃから取り出したゴムの輪っかが二つ付いています。
クーが引っ張りっこをして遊ぶ一番好きなおもちゃです。













あくる日は…





クーちゃん、おもちゃを見せびらかしに登場です。
























そしてーあーちゃんは、クーのみかんちゃんを持っったまま
ドイツへ帰って行ってしまいました。















          嘘です

























      

              



              そうしてクーちゃんは、いつものマイペースに戻りました。









水辺のやさしいピンク

みなさんお元気でいらっしゃいますか?
なかなか遊びに行けずごめんなさい。
火曜日からドイツに住む姉が我がに滞在しています。
時々ここにもコメントをくれているテポドンねえさんこと「−あーちゃん」です。
とりあえず今回はミサイルは飛んできませんでしたが、誤報がありましたね?(汗)
どーーもすみません。
二人姉妹、互いに忙しく、ゆっくり話す暇もない感じですが、楽しくやってます。


クーは1月に会ったきりでしたので再会はどんあかな?と思ってたのですが、
やはり覚えているものですね。
すぐに打ち解けて甘えていました。








ピンク色はやさしいふくよかな女性のイメージ。
私は体はふくよかだけど、心までふくよかではない。

憧れの色でありながら、身につけることはとてもとても分不相応な気がして
長いこと遠ざけてきた色でした。

今もピンク色をきれいに着こなす女性を見ると、うらやましいような
ちょっと照れくさいような気持ちになります。



人工的に作られたピンク色はそいうわけであまり縁のない私ですが、
お花のピンクは大好きです。

近所の蓮池に、きれいな花が咲きました。




水辺のやさしい色


泥の中からそっと持ち上げてくれるような、救い主の花?
やはり睡蓮は天国のイメージでしょうか。



水辺には、まだまだたくさんのやさしい色合いの花が咲いていました。



こちらのアジサイはピンク色。少しずつにじむような色のグラデーションが美しいです。






生まれたての紫陽花はベビーピンク?はじけそうな命の色です。









背の高い葵の花。
これも素敵。
「葵の紋どころが目に入らぬか?!」
この前を通ると言いたくなりませんか?(笑)

江戸時代から、もっと前から、人々の目を楽しませてきた花なのでしょうね。
江戸時代、もしそこに私がいたらどんな人だったかしら?
町娘? 旅人?
はたまた水戸黄門?!!!

           











こちらはグラマラスな花びらの葵。
楽屋口に出番を待つ踊り子たちのようでした。
















ひとつ、遅咲きの春のバラ。    うす曇りの空を見上げてる。

                          曇り空とピンクはとても似合いますね。

















       …で、足元を見れば一番好きなピンクの…


         そう、それはクーちゃんの…。





待ちつかれた?
ごねんねクーちゃん。
いつもありがとう。一番一番、好きよ。